カテゴリ

2011年01月19日

町工場半減

今日の日経新聞に大田区の町工場が20年前に比べて半減したと言う記事が出てました。
現在約4,000件で大阪の東大阪市も20年前の40%減だそうです。
ここに来て一気に減ってきているみたいです。

私のいる墨田区も町工場が東京23区では大田区の次に多い区ですがやはり減っています。
ただ墨田区の場合、大田区に比べて減るスピードは遅いと思います。
大田区は自動車、電機、機械といった工業部品が多く大手企業関連の仕事が中心なので生産が海外にシフトされることによって仕事量が激減する事態に陥っているからです。
その上地価も高いため工場拡張とか工場建設や借りることも容易ではありません。

その点墨田区は町工場と言っても多岐にわたる業種の加工をしているので落ち込む量が大田区よりは少ないと思います。
そして工場も家族経営の小規模が多いため、人を多く抱えている工場や設備に資金をかけている工場よりは売上が減ってもしのぎ易いのではないでしょうか。

しのいでいるだけでは先が見えないのでやはり手を打たなくてはなりません。
私の周りの墨田の企業経営者はデザイナーと組んで自社の商品開発をしたり、大学と組んで新分野に挑戦したりと積極的に手を打っているところもけっこうあります。
みなさん、思っていることは今までのスタイルでは生き残れないということです。
それぞれの企業が将来を見据えて行動しているのです。
そういう姿を見ると刺激をもらえてこちらもファイトが沸きます。

posted by いっちゃん at 16:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 新聞記事、雑誌記事、テレビ番組 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月17日

ある臨時収入のお話

先日、知り合いの飲食店のマスターから興味深い話を聞きました。
マスターの知人ですけど若い時に大阪にいて個人経営の会社に就職したそうです。
その会社は当時大変経営が苦しく給料も安かったそうです。
でもその人は不満も言わずとにかく会社のために残業や休日でも精一杯働いたそうです。
そこで何年か働いて事情があって退職し東京に戻りました。
退職する際は退職金も出せなく、そこの主人と鍋を囲んでのお別れ会でした。

それから時が経ち大阪の老人ホームから連絡をもらったのです。
行ってみると以前大阪に勤めていた時の会社の社長が亡くなって遺産を相続して欲しいという内容でした。
奥さんを亡くして他にも身寄りがなく最後は施設に入っていたのですが、年金が毎月10万円ぐらい残るのと少しばかりの株券があって合計2000万円ぐらいあったのです。
社長は遺言にその方の名前を書いておいたのです。
施設の職員も社長からは生前、本当によく働いてくれて助けてもらったのに何もできなく無念だったことをよく話していたそうです。

その方はちょうど子どもが受験でお金の工面をどうしようかと思っていたので本当にありがたいと感謝したそうです。
(余談ですが奥さんに言うと管理されてしまうので黙っていたそうです。)

おとぎ話のような話が実際にあるのです。
どこにチャンスがあるかわからないのです。
だから仕事は常に真剣にやらなければいけないと痛感します。

posted by いっちゃん at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 出来事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月13日

タイガーマスク現象

昨年暮れより始まったタイガーマスク現象が広まっています。
私が小学校から中学にかけて漫画雑誌やテレビでブームになっていました。

今思い出してみると小学校の頃、アニメタイガーマスクに感化されて虎の穴を作りたいと思っていたのです。
そしてそこのボスになるのが夢でした。
虎の穴のボスは表に出てこなくて強く正体を見せなくかっこいいのでなぜかあこがれていたのです。
自分も将来は強い組織のトップになりたかったのかもしれません。

そんなタイガーマスクが再びこのような形でブームになったのはちょっと嬉しい気がします。
そして善意な人々が日本にはまだたくさんいることがわかりました。
世知辛い世の中だからこそ、こういう明るい話題は大いに結構ではないですか。

私も年末に少しばかりの金額をユニセフに寄付させていただきました。
私の場合はここ10年ぐらい、年に数回ですけどユニセフに寄付をしています。
世界の悲惨な状況で暮らしている子どもたちに少しでも役立てればとの思いからです。

そして子供の頃の夢が虎の穴のボスでしたが今度はタイガーマスクみたいになることにあこがれてしまいました。
そのためには今の何倍もの勢力を仕事にかけなければなりません。
また、夢で終わらないようにしたいですね。



posted by いっちゃん at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 出来事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月02日

イトーヨーカ堂の千本引き

1月1日にイトーヨーカ堂の曳舟店に行ってきました。

目的は千本引きをするために行ったのです。
千本引きは1回1万円で紐を引くくじです。
空クジなしで末等が1万円のヨーカ堂の商品券なので損はないのです。
特等は2本で40V型の液晶テレビかブルーレイ。
1等は各2本で5万円の高級旅館の宿泊券か20V型の液晶テレビ
以下2等、3等、4等にはデジタルカメラやナナコカードの5,000円分、2,000円分をプラスするというものです。
合計90本位のあたりがあったような気がします。

私は残念ながらはずれでした。
それよりも私の興味はこのイベントがどのようなものかを見ることにありました。
まず10時開店の店に10時5分に着きましたがこの時点で整理番号が524です。
つまり524番目、噂によると早い人は朝の7時半に並んでいたそうです。
この番号でくじを引くまでに30分待ちました。

それとこのくじの経費を考えてみたのです。
売上1本1万円で仮に千本売ると1千万円(実際はあたりが全部出た時点で終了)
出費は商品券が1千万円にプラスの商品を計算すると60万円位でトータル1060万円です。
(実際は特等とかは商品券が無いしテレビやデジタルカメラなどは定価より安く仕入れられると思います)
そうなるとヨーカ堂は50万円位の持ち出しなので消費税程度をサービスした計算になります。
しかも先に1000千万円の現金が入ってきます。

もうひとつ感じたことはこのくじをしに来ている人以外、お客がほとんどいないのです。
そういうことはくじをしなければ元日の営業と言っても開店時は誰も来ないということです。
そのためにくじで客を集めて帰りに買い物をしてもらう意図もあるのでしょう。

今回のくじは残念ながら外れてしまいましたがその分いろいろと勉強になりました。
やはりビジネスにおいては常に集客をするためにはどうしたら良いか考えていかなければならないということです。



posted by いっちゃん at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 出来事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月01日

あけましておめでとうございます

新年あけましておめでとうございます。

今年は昨年の紅白を見た後に白鬚神社と秋葉神社と初詣に行ってきました。
ここ数年は紅白を見ている途中で寝てしまって目が覚めたら朝ということが続いていました。
でも今年は紅白の途中で寝てはしまいましたが10時30頃また起き出したのです。
そして紅白が終わって初詣に出かけたのです。
白鬚神社に先に行きましたが参拝に並んでいる人の多さにびっくりしました。
浅草寺や明治神宮みたいにすごくはないですが地元の神社にしては自分が創造していた以上でした。
その後、秋葉神社にも行きましたがこちらは人が引けた後で町会関係者の方々が片付けをしていました。
白鬚神社にしても秋葉神社にしても町会関係者や氏子の人たちは本当に思いを持ってお世話をしているのを見ると感謝の気持ちでいっぱいです。

社会はひとりの力だけではどうにもならないことの方が多いです。
そんな時は多くの人たちの力を借りて今年も一年を過ごしたいと思います。
何卒、よろしくお願いします。
posted by いっちゃん at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 出来事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。