カテゴリ

2010年03月12日

フェアトレード

フェアトレードという言葉があります。
公平な貿易という意味で開発途上国に不利な条件で仕事をさせるようなことがないようにすることです。

このフェアトレードって言うとすぐにバングラディッシュやアフリカの国などを思い浮かべると思います。
でも日本国内においてはどうでしょう。
例えば大量発注した場合、下請け企業は材料仕入れ等の経費が発生します。
さらに外注にお願いしたりすればまた費用が発生します。
その間の経費の支払いが回収より先になることが多いです。
このような時フェアトレードみたいに先に仕入れ代を払って頂けると助かりますよね。

でも実際はそんなことはありません。
資本や資金調達ができなければ仕事の範囲は狭まってしまいます。
そのためにも資金の確保は必要ですし、資金繰りもしっかりしなければならないのです。

本当に資金が必要になるのは仕事が無い時より仕事が出てきた時なのです。


posted by いっちゃん at 19:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。