カテゴリ

2016年04月20日

支援物資が届くようになった

昨日の私のブログで支援物資がなかなか避難所に届かない記事を書きました。
そうしましたら昨日の経済関係のテレビ番組で支援物資の取り組みを取り上げていました。

やはり私が思っていた通りでした。
全国から食料、衛生用品などの物資は各自治体には民間の運送業者が配達してくるのです。
ただそこから先が自治体が管理するので進まなかったのです。
自治体では配送品の仕分け作業などしたことが無くノウハウもないので作業が進まないのです。
そこで日通やヤマトといった民間の運送業者の各営業所にお願いして、各避難所に配達してもらうようにしたのです。その結果、初めのうちはちょっとパニックっていたみたいですけど、そこはその道のプロなので徐々に慣れて仕分けがスムーズにいき配達までこぎ着けたのです。
今日が賞味期限のおにぎりがありましたが、それも何とかその日に無事届けられました。
そして道路が渋滞しているので運送業者のトラックを優先するようにパトカーが先導してくれたのです。
このように仕分けから配送まですぐにできるノウハウを持っている運送業者に任せて、尚且つ警察などの行政の施策があればうまく機能できるのです。

自治体はマイナンバーをみても年内に終わるとかいっても1ヶ月延期するとか何か月先になるとか平気で言ってくるようなところです。そんな体質になっているところでは支援物資も1日や2日遅れるなどと平気で言いかねません。それでは困りますのでそのためにも民間の力を積極的に活用してもらいたいです。
非常時こそ自治体トップの決断力が試される時ではないでしょうか。

posted by いっちゃん at 14:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 出来事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。