カテゴリ

2008年07月15日

ワイヤーカット加工での試作

.

試作でブランクを作る場合、ワイヤーカット加工で作ることがあります。
ただ欠点としてワイヤーカット加工は加工線の線径が0.2mmが一般的なのでどうしても丸穴径や角穴の溝巾は0.6以上は欲しいです。
そうなるとエッチング加工ですと問題はありません。

今回はエッチングを頼む時間もなかったので、ブランクをワイヤーカットで作って曲げました。
楕円の巾0.5mmでしたが、0.3mmの下穴を細穴であけて0.2mmのワイヤー線で加工して200個作りました。
0.1mmのワイヤー線を使用している加工業者数社を調べましたが、コスト、精度、時間等においてあまり良い回答が得られなかったのでトライしてみました。
溝巾は0.52でしたので公差はクリアできました。
そしてコーナー部分の0.1Rもクリアできました。(一般公差内)
今後のひとつの目安になりました。
ちなみに材料はSUSの0.2mmです。


posted by いっちゃん at 21:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 製造 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月11日

誕生日

今日は私の誕生日です。
年齢は○○歳ということで。

この歳になると誕生パーティーを開くこともないし、お祝いをもらえることもないですね。
でもここにきてうれしいことにネットや知人を通じて仕事の新規取引が増えてきたことです。
ここ数年、展示会、商談会、交流会といろいろなところに顔を出してきましたが思ったほどの成果はあげられませんでした。

もしかしたら神様が今まで種をまいてきたものに芽を出してくれたのかもしれません。
神様からの誕生日プレゼントに感謝したいです。
そしてこのプレゼントを大きく育てていきたいです。



posted by いっちゃん at 19:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 出来事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月21日

作ってみました

ネオジウム磁石を組み込んだマグネットホルダーを作ってみました。
ネオジウムは磁石の中で最強と言われる強さを持っています。
そのためこのホルダーは傘1本つるしても落ちないです。

クロムメッキをかければ見栄えも良くなるでしょう。
L字のサイズを長いものや短いものを何種類か作ってみようかと思っています。
近いうちに商品になって登場するかも。


jisyakuitem 020-1.jpg
jisyakuitem 011-1.jpg
posted by いっちゃん at 11:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 磁石 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月08日

ネオジウム磁石を使った商品

ネオジウム磁石は強力な磁石です。
このネオジウム磁石単体だけでは強いですけど脆いので直接スチールにつけると欠けることもあります。
そこでネオジウム磁石を利用した商品開発を考えています。
とにかく強力な磁石なのでマグネットホルダーにしても利用価値は充分あると思います。
もちろん多種多様な程、商品がありますからやはりそこは他にないものや隙間的なものを作りたいです。
できましたら公開したいと思います。
posted by いっちゃん at 19:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 磁石 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月18日

微細加工

試作で微細加工をする場合、エッチングでブランクを作る場合があります。
ワイヤーカットですと弊社の場合、線径が0.2mmなのでどうしても0.2mm以下の溝等はできないのです。
そんな時にはエッチング加工が良いですね。
エッチング加工で順送りできるブランクだけのフレームを作ります。
後はそれに合わせて曲げや絞り等の加工をいれます。
微細な部品はバラにすると加工が大変なのでつなげておいたほうが何かと都合が良いです。

bisai-1.jpg
posted by いっちゃん at 19:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 製造 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月16日

線加工

銅合金0.1φの線を曲げ加工したものです。
本当はフォーミング加工のが向いていると思いますが、試作ということでプレス加工で作ってみました。
senkakou.jpg
posted by いっちゃん at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 製造 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月07日

スクラップ再利用

アルミのスクラップを利用して小物置きとペン立てを作ってみました。
アルミの表面は塗装とアルマイト加工したものと2種類作ってみました。


アルミ台鉛筆立て


posted by いっちゃん at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 製造 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月27日

「はい、奥田製作所。」を観て

23日の日曜日に六本木の俳優座で大田区の町工場を舞台にした劇を観て来ました。
「はい、奥田製作所。」

ストーリーは省略させていただきますが、今の町工場の現状を的確に捉えていた内容でした。
2代目経営者の苦悩、先代経営者のポリシー、従業員の会社や仕事に対する思い、また経営者を取り巻く家族や取引先の人たちとの関係などあちこちの町工場で現実に起こっていることを描いていたと思います。

劇の中で印象に残ったシーンがあります。
社員は自分たちのモノづくりが決して利益だけでなく本当に相手が喜んでくれるものを作りたいのです。そのためには仕入先や周りの人たちと信頼関係を維持して仕事をしていきたいと訴えかけるシーンがありました。
それに対して社長(2代目)は
「何をしたいとか、何のために働くのかなんか考えたことがない。
今ある仕事をどうしたら儲かるかとかうまい仕事はないかとかそんなことしか考えられない。会社を存続させるために仕事をするのだ。」
というようなことを言ったのです。

町工場経営者ならうなづけると思います。
誰でも社員の思いは充分わかると思いますし、そのような町工場にしたいと心の隅にはあると思います。
ただ今の町工場を取り巻く厳しい環境の中では、多くの経営者がこのような苦悩と戦っているのではないでしょうか。

ちょっと考えさせられてしまう劇でした。


posted by いっちゃん at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 出来事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月19日

究極のサービス

先日聞いて感動した話しです。

ディズニーランドのレストランに夫婦二人が入ってきました。
その夫婦は二人分の料理とお子様ランチを接客した女性従業員に注文したのです。
ところがいつまで経っても子どもは来ないのです。
そこで女性従業員はその夫婦のところに行き、お子様ランチを取りやめても良いようなことを言ったのです。
男性がちょっともじもじしていたら、女性が入院していた子が亡くなって今日がちょうど一年目の命日なので楽しみにしていたディズニーランドに来たと言うのです。
そこで女性従業員は運んできたお子様ランチを二人の料理の間に置いたのです。
それから急いで奥にあった子供用のいすも持って来て、二人の席の間に置いたのです。
そして次のように言ったのです。
「三名様お待たせしました。本日は心ゆくまでごゆっくりお召し上がり下さい。」

お子様用のいすを持って来ることも三人でという言葉がでてくるのもマニュアルにはないと思います。
その女性従業員はその夫婦に対しての究極のサービスをしたのです。
こういうサービスができるのは常日頃から顧客一人ひとりに対して最善のサービスを常に心がけているからと感じます。
マニュアル通りのことだけを心がけていてはここまでのサービスはできないでしょう。


posted by いっちゃん at 07:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 新聞記事、雑誌記事、テレビ番組 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月12日

はい、奥田製作所

東京大田区の町工場を舞台にした劇が公演されます。
昨年は教師の劇団がやはり大田区の町工場を舞台にした
「町工場、ゆめものがたり」
を公演しました。
町工場経営者として見るに値するだけの劇でした。

ところで今回の劇は
劇団銅鑼の「はい、奥田製作所。」です。
やはり大変興味深い劇だと思います。
posted by いっちゃん at 21:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 出来事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。